TOKYO PLAYとは

ビジョン

すべての子どもが豊かに遊べる東京。

子どもにとって「遊び」は本能の営みであり、幸せな子ども時代の基本となるものです。遊ぶ中でさまざまなことを試しながら、自分や他人のことを知ります。出会う身の回りの自然や生きもの、人を通して自らの生きている世界を学びます。そうして、子どもは自らの力で身体や知性、社会性、創造性を成長させていき、情緒を安定させていく力をもっています。 その大切な営みの時間が、大人の良かれと思った願いや教育的な意図、また社会の複合的な影響によって、浸食されています。
TOKYO PLAYは、あらゆる立場の人々がこの現状について考え、つながり、情報を共有し、実際に行動を起こすためのきっかけをつくることで、子どもの遊びが大切にされる社会の実現を目指します。 また、子どもが年齢、家庭環境、人種、障がいの有無、 経済的事情などに関係なく、すべての子どもが豊かに遊べる東京を実現するために行動します。

ビジョン

「遊び」とは

「おもしろそう」から始まる
子どもの本能的な行動

いつでも、どこでも、始まる

子どもが自分で
何をどのようにしたいか
決められる

子ども時代の
根源的な喜びのひとつ

 

わたしたちのミッション

子どもの遊びを保障する。

  • 子どもの遊びを保障する大人を増やす
  • 子どもの遊びを保障する場をつくる
  • 遊びの大切さを社会へ、世界へ、発信・啓蒙する
ページ上部へ戻る