NEWS

どこでも運動場プロジェクトとは?

渋谷区では「運動の習慣が人々の生活の一部になり、誰もが楽しみながら健康を保っていけるように(中略)渋谷区自身を「15平方キロメートルの運動場」と捉え、「運動することを、特別な行為ではなく、生活習慣の一部にしたい。」と基本構想に掲げています。

「渋谷どこでも運動場プロジェクト」は、この構想の実現に向けて、くらしに身近な道路や緑道、公園など、人が行き交う場所を使って、スポーツや遊びを通して体を動かしながら、地域に住んでいる人同士がつながることのできる機会づくりを応援する事業です。

取り組むには?

まずは参加してみる

・現在、開催の予定はありません。

やって(主催して)みる

実施までのプロセス

個人でも、グループでも、法人でも、だれでも取り組めます。
詳しく知りたい人は、こちらから

プロジェクトについて

「思わず身体を動かしたくなる街 渋谷」を身近な場所から

企画・運営:一般社団法人TOKYO PLAY

2018年度より事業開始。これまで20箇所で、37回計画、29回実施(雨天他で中止が8回)。

◯道路7箇所
 →区道5、私道2
  →内、遊戯道路3
◯民間敷地内4箇所
 (公開空地、屋上、広場等)
◯公共施設3箇所
◯緑道3箇所
 →区管理2、民間管理1
◯公園2箇所
◯高齢者施設1箇所
◯大学構内1箇所
◯小学校校庭1箇所