砧公園サービスセンターの職員さんたちと研修ワークショップ、情報交換を行いました。

新しくできた遊具ひろば「みんなのひろば」を中心とした砧公園全体を、みんなで使っていくためのプロジェクトを進めています。 ※プロジェクトの詳細は<こちら>
昨日と今日は、砧公園を管理する、砧公園サービスセンターの職員のみなさんと、「誰もが居心地のいい環境」について理解を深めるための研修ワークショップを行い、緊急事態宣言解除後に再開した「みんなのひろば」の状況について情報交換しました。

本来であれば当たり前な、人と人との豊かな関係性を改めて育てていくことの難しさを、共通認識としてもつことができました。
実際の管理運営の中でできることは何か、私たちTOKYO PLAYがどう支えていくか、これからの課題はたくさんありますが、一つひとつ取り組んでいきたいと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る