「多様な学びプロジェクト」のオンライン講座でお話しました。

学校外の学ぶ子の育ちを支える「多様な学びプロジェクト」。
実は、代表の生駒知里さんと私は、2003年当時川崎市子ども夢パークの開園スタッフとして同期でもあります。

今回、オンライン講座「休校明けの子ども達に いま大人ができること」にて、『危機的状況下で子ども達が遊ぶことの意味と、遊びがもつ重要性について』というテーマでお話しました。
そして「赤鼻のそえじ先生」として有名な昭和大学大学院准教授の副島賢和さんと、生駒さんと対談させていただきました。
小学校教諭、院内学級の担任もやられていたそえじ先生の温かく、芯のあるお話に、私も子どもが過ごす現場への思いを改めて強くしました。

詳しいレポートは、「多様な学びプロジェクト」のレポートにまとめられていますので、ぜひご覧ください。

代表・嶋村

関連記事

ページ上部へ戻る