ウェブ・プラットフォーム「ほいくる」より、インタビューを受けました。

保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム 「ほいくる」。
昨年は、とうきょうプレイデー賛同企画として保育者向けのアンケート調査を実施してくださるなどお世話になっており、今年、TOKYO PLAYと同じく10周年を迎えています。

「ほいくる」代表の雨宮さんから、「遊びの大切さ」を語る記事をつくりたいという依頼を受けて6月、インタビューにお答えしました。
そのインタビューを、前編・後編にわたって素敵な記事にまとめていただきました。

ぜひ、ご覧ください。

前編 『プレイワーカー嶋村仁志さんと「遊びってなんだ?」を考える。
後編 『「遊びは自分自身を好きになれる、最初のスタート地点」ー プレイワーカー嶋村仁志さんの考える、遊びの大切さ

関連記事

ページ上部へ戻る