講演会・市民向け講座

「遊ぶって、子どもにとってどんな意味があるの?」「子どもたちの今の環境はどうなっているの?」「私たちに何ができそう?」といったみなさんの疑問について、いっしょに考えていきましょう。市民講座では、ゲームやワークを取り入れながら、体験的に、そして楽しく、核心に迫っていきます。人数や要望に応じて、オリジナルのプログラム設定が可能です。ぜひ、お問い合わせください。

プレイワーク専門研修

すでに子どもと関わる仕事や活動をしている実践者に向けて、子どもの遊びの環境づくり・子どもとの関係・危険管理・地域社会の関係調整などのあり方を整理した専門分野「プレイワーク」の研修を行います。イギリスの大学で高等教育課程(Diploma of Higher Education in playwork)を修了した講師をはじめ、現場での実践経験豊富な講師がみなさんの学びのお手伝いをします。

公開セミナー

海外から来日した専門家や実践者による「海外事情学習会」では、今までにイギリス・香港からのゲストを迎えました。ほかにも、「子どもと遊び場~東日本大震災から5年の歩み~」、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの講師を招いて行われる「心理的応急処置(Psychological First Aid・PFA)研修」など、様々な講座を開催しています。Facebookで最新の情報をお知らせしていますので、ご確認ください。

Facebook 

海外スタディツアー

「遊べるまちをつくろう!」と題して、2015年からイギリスへの6泊8日のツアーを実施しています。現地の冒険遊び場や児童館といった既存の施設、全国で広がりを見せている「プレイストリート」、廃品を子どもの遊び活動に活かす「スクラップショップ」など、様々な取り組みを訪ねるオリジナルのツアーです。

「遊ぶ」を学ぶへLinkIcon