まちじゅうであそぼう!

イギリスの宝くじ基金の助成を受け、London Playが2008~11年の3年間にロンドン市内110か所で支援したプレイストリートの写真報告集です。人形劇や水遊び、つなひき、食事会など、子どもだけでなく、大人もイキイキと道遊びを楽しんでいるようすが伝わってきます。この事業の担当者も自分の家の前でプレイストリートの実践に挑戦した日記は必見。この道遊びを実現するためのロビー活動が、オリンピックやロイヤル・ウェディングの際のイギリス各地でのストリート・パーティーにつながったようです。原題『When London Played』。フルカラー68ページ。日本語版は、TOKYO PLAYが2013年に発行。1冊1,000円。5冊4,000円(20%OFF)。

お問い合わせ 

London Play / Playday ガイドブック

TOKYO PLAYは2011年に大和日英基金の助成金を受け、ロンドンへの視察を実現しました。私たちTOKYO PLAYのモデルともなったLondon Playは、1998年に設立された、世界でも先進的な遊び環境整備の中間支援組織です。London Play事務局長ウテ・ナヴィディ氏へのインタビューと発行物をもとに、組織の仕組みや進行中のプロジェクトについて、ていねいな解説を施しました。また、毎年8月の第一水曜日に「遊びの大切さ」を社会に発信することを目的に実施されている全国的なキャンペーン「Playday(プレイデー)」を訪ね、その仕組みやようすを紹介しています。1冊1,200円。『まちじゅうであそぼう!』とのセット価格2,000円。

お問い合わせ

遊べるまちをつくろう・イギリスツアー報告

2015年2月に実施した「遊べるまちをつくろう!」イギリススタディツアーで訪問した冒険遊び場やプレイストリート、スクラップストアなどを余すところなく紹介した報告書です。市内100か所のプレイストリートに対して、条例を制定して支援するブリストル市役所の道路使用申請書(翻訳版)なども添付。A4サイズ。1冊500円。5冊2,000円(20%OFF)。

お問い合わせ

男の子の乗り越える力を育てるわんぱく体験

「危ないからといって、何でも禁止ばかりしていたら、子どもはいつ危険について学ぶの?」という疑問から、漫画家カツヤマケイコさんが5歳の息子さんと挑戦した「危ないこと」。初めてのたき火や、初めての料理、初めての暗闇体験、初めての裸足など、初めてづくしの爆笑コミックエッセイです。KADOKAWA・1冊950円(税別)。品切れ中

お問い合わせ

子どもの「遊ぶ」を支える大人の役割(1.53MB)
playwork_text.pdf

プレイワーカーの育成に関する研究

playworker_01.pdf(2.41MB)
playworker_02.pdf(2.51MB)
playworker_03.pdf(1.95MB)
playworker_04.pdf(2.57MB)

次世代育成支援東京都行動計画(後期)
の評価に係る事業
概要版(197KB)/全文(802KB)

次世代育成支援東京都行動計画(後期)
の評価に係る事業リーフレット
表面(13.6MB)/裏面(15.7MB)

LinkIconトップページへ