TOKYO PLAYは、2016年7月に一般社団法人になりました。

今後とも、一層のご支援をよろしくお願いいたします。

嶋村仁志

代表理事

Leeds Metropolitan Universityにて、プレイワーク高等教育課程修了(Diploma of Higher Education in playwork)。冒険遊び場での実践を中心に、20年以上にわたり、遊び場で子どもたちと関わってきた。International Play Association・日本支部運営委員。国内外のネットワークも幅広い。

石田由紀子

理事

幼稚園・保育園で教諭・保育士に長年携わってきた大ベテラン。世代間、異業種の人々とつながることが子育てには大事と感じて活動中。自然に関わることが大好きな山ガール。子ども環境管理士の資格を持つ。定例事務局会議では、お手製の料理でメンバーの空腹を満たしている。

幾島博子

理事

長年、品川区の児童館・放課後児童クラブの職員を務め、現在は「NPO法人ふれあいの家ーおばちゃんち」代表理事となっている。様々な子どもたちや”まち”の人たちとの出会いから、ステキなプロジェクトを次々と展開している。スキーが好きで、東京にいないことも多い。

高橋利道

事務局

冒険遊び場でのプレーリーダーから始まり、建設コンサルタント会社、教育コンサルタント会社、市民団体を支援する中間支援NPOの職員など、様々な経歴を持つ。2016年からTOKYO PLAYに参画。同時並行で進む複数のプロジェクトの事務作業を捌きながら、遊びの現場にも立つ事務局担当。

林希栄子

事務局

大妻女子大学児童学科卒業。はるのおがわプレーパーク(東京・渋谷区)でプレーリーダーとして6年間勤務。現在は、そのスキルを活かし、東京近郊の遊び場づくりの支援をしながら、事務局員として活躍中。

関戸博樹

プロジェクト担当

渋谷はるのおがわプレーパークで8年間のプレイワーカー経験を積み、現在はフリーランス。プレーパークに限らず、子どもの遊び環境向上のための人材育成、主夫としての経験も活かした親向け講座なども職域としている。

加藤寛子

プロジェクト担当

日本大学大学院芸術学研究科卒業(いわゆる「日芸」)。専門は、コミュニケーション・デザイン。現在、私立高校の美術教諭として勤務をする傍ら、子どもと造形をテーマにプロジェクトに参加している。

渡辺龍彦

プロジェクト担当

TOKYO PLAYの前身「子どもの遊びと大人の役割研究会」に学生の時から携わる。現在は、本業のかたわら、多彩な経験からTOKYO PLAYのコンセプトワークや事業展開についてサポートしている。

大柄根明香

プロジェクト担当

TOKYO PLAY立ち上げ時からの初期メンバー。カナダへの留学も考えていたが、児童養護施設に勤務する傍らで、子どもの遊び環境向上のための活動を続けている。最近、結婚し、幸せな日々を送っている。

川合麻沙美

プロジェクト担当

川崎市子ども夢パークでスタッフとして6年間勤務。その後、川崎市内の共同保育所の保育者でありながら、イベントスタッフとしても活躍。2014~2015年の「とうきょうプレイデー」実行委員長も務めた。

Dr. Ute Navidi

名誉顧問

London Play前事務局長。2012年の来日時に当団体名誉顧問に就任。英国子どもの電話相談「チャイルドライン」政策局長、英国公共放送BBCなどの研究事業の顧問などを歴任。子どもの権利と政策づくりに長く携わってきた。

中村久美

監事

長年、こどもの城(東京・渋谷)の職員として活躍。企業の社会貢献活動セクションで子ども向けワークショップを担当後、児童館職員となった。設立当初からの参加で、様々な経験を活かした発言で団体を支えている。

TOKYO PLAY の歩み

2007.06.20
イギリスでのInternational Play Association(IPA)の会合にて、代表理事・嶋村がLondon Play事務局長・Dr. Ute Navidiと出会い、大都市で子どもが豊かに遊べる環境づくりの必要性について薫陶を受ける。
2007.08.01
「子どもの遊びと大人の役割研究会」を発足。脳科学から芸術まで、子どもの遊びに関わる分野の第一人者を招いた「公開学習会」を隔月で実施。2008年には、こどもの城にてフォーラムを開催した。
2010.10.26
「子どもの遊びと大人の役割研究会」を発展解消し、TOKYO PLAYを設立。東京都から「次世代育成推進東京都行動計画(後期)の評価に係る事業」を受託するなど、調査研究からキャンペ―ン、研修まで子どもの遊びに関わる様々な事業を展開した。
2016.02.22
London Playと正式に姉妹団体提携を結び、これを機に「ロンドン-東京 遊びの姉妹都市提携」を締結し、ロンドン市内で調印式を行った。
2016.07.26
一般社団法人TOKYO PLAYを設立。

団体の概要

名称
一般社団法人TOKYO PLAY
本部
東京都渋谷区神山町5番3号 並木ビル3F
設立
2016年7月26日
役員
代表理事:嶋村仁志   理事:幾島博子・石田由紀子   監事:中村公美

財務情報

法人の定款に基づき、財務情報として貸借対照表のハイライト版を公開しています。 

<2016年度貸借対照表>
 2016年7月26日~2017年3月31日 ・ 2017年3月31日現在

科目 金額
資産の部  
流動資産
 現金及び預金
 未収金
 流動資産合計


2,185,083
50,000
2,235,083

固定資産
 有形固定資産
 無形固定資産
 投資その他の資産
固定資産合計

0
0
0
0
繰越資産合計 2,235,083
負債の部  
流動負債
 短期借入金
 未払金
 預り金
流動負債合計

0
323,561
0
323,561
固定負債 0
負債計 323,561
純資産の部  
株主資本
 資本剰余金
 資本剰余金計

利益剰余金
 その他利益剰余金
  繰越利益剰余金
  その他利益剰余金計
 利益剰余金計
株主資本計

評価・換算差額等
 評価・換算差額等計

新株予約権
 新株予約権計 
  
0
0



0
1,911,522
1,911,522
1,911,522
1,911,522


0


0
純資産 計 1,911,522
負債及び純資産 計 2,235,083